<< よし川 Kindergarten 卒業 >>

日本に帰ります。

夏休みmoと帰省します。
パパも途中から3週間合流(といっても出張)です。

今回はJALで羽田経由。
moはおお張り切りでしたが、機内ではあえなく撃沈。3回ももどしてずっと気持ちが悪く、それはそれは気の毒なフライトでした。
わたしも両手にmoの吐いたものを受け、シートベルトをしたまま、コールボタンも押せず、CAがたまたま通りかかるまで、最悪の数分間を過ごしました。
着ているものも汚れてしまったわたしに、「私のパジャマでよければ、お使いください」と言ってくれたCAのおねえさん。ありがとう。

羽田に着いてからも、空港宅配のカウンターで急に嘔吐し、またも両手キャッチの私に、「使ってください」とスタバのペーパーナプキンをくれた女性。その後も、「これも使って。」とスーパーの袋をまた持ってきてくれました。女神のようです。
何とか手を拭き、荷物は放り出したままmoを連れてトイレに行き、持ってきたペーパータオルで汚れた床を拭きました。周りの人たちは、みんな何も見てないわって感じで、全く無視なのね。突然吐いた子供も、吐いたものを手で受けている母親も、汚れた床も。見てはいけないものって感じで、その空間だけを避けて、何事もなかったように列に並んでました。
助けてくれた女性がいてよかった。もう一度、お礼を言いにいきました。ありがとうございました。


その後moと重いスーツケースをひきずって、シャトルバスでターミナルを移動しホテルに宿泊。
ご好意で駐機場がの真ん前の広いお部屋にしていただけました。
moは飛行機が近くで見えて、大喜び。アメリカ時間ではもう朝でしたが、興奮して寝るどころじゃない感じ。
お風呂もガラス張りで、窓際にバスタブが。教えていただいたとおり、バブルバスをいれて、moとゆっくり入りました。
あぁ、なんとか着いた。。。。

翌朝、朝の名古屋便に。
40分ほどの短いフライトなのに、夫のマイルでアップグレード。もっと長く乗っていたいね、ビジネスシート。
moは乗って間もなく寝てしまい、窓からの富士山も無理やり目を開けてちらっと見ただけで、そのまま着陸まで熟睡でした。

空港には両親と義両親が迎えに来てくれていたので、みんなでお茶をしました。
moは、疲れているのか慣れないためか、おそろしく静かでほとんど口をききません。

とにかく、今回は結構大変な帰国でした。
[PR]
by babygoose | 2013-06-16 14:27 | Happy Life with mo
<< よし川 Kindergarten 卒業 >>