<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ピクニック

「moちゃん おそとでごはんたべたいなぁー」と言うので、お弁当をもって3人でrose gardenへ。
最近は「3人でいっしょ」っていうのが、とっても楽しいmoちゃんです。

a0058532_963167.jpga0058532_982362.jpg


今年は涼しい夏だったからか、この季節でもバラがたくさん咲いていました。

a0058532_9104520.jpga0058532_911710.jpg
a0058532_9113598.jpga0058532_912249.jpg


a0058532_9132571.jpg

[PR]
by babygoose | 2009-08-30 14:14 | Happy Life with mo

Beach

「moちゃん、また うみにいきたいなぁ~」と言うので、ランチをもってビーチへ。

人が少なくてのんびりできるので、moが生まれる前から私たちのお気に入りのビーチですが、今日は結構混んでいて、おまけにパーキングが行く度に$5→$8→$10と値上がり。そろそろ他のビーチも開拓しようかしら。

お天気が良くなくて寒かったけど、moは大はしゃぎ。
「うみだ!うみだ! うみ じゃぶーん じゃぶーんっていうね。 おふろは いわないね。」とうれしそう。
サンドイッチを食べると、パパとせっせとお砂遊び。moにとってビーチは、じゃぶーんって波があるプールの隣のものすごく大きな砂場なんでしょう。 

a0058532_14111298.jpgパパがでっかいお城を作ってくれたのに、moちゃんにとっては大きなケーキ。
「けーき かっと かっと しましゅよ~」
[PR]
by babygoose | 2009-08-22 14:05 | Happy Life with mo

Banana

a0058532_14545351.jpgここ半年くらい、ずっとバナナを食べてくれなかったんだけど、最近やっと復活してきたみたい。

おやつにフルーツをあげたくても、食べてくれるフルーツが少なくて(Pearとマンゴーくらい)なかなか難しかったけど、バナナは栄養もあっておなかも膨れるから最適。
特にmoは、おやつの時間以外にもちょこちょこ「なんかたべる」と言うので、バナナを食べてくれると助かるわ~。

ばなちゃん(moはこう呼ぶ)、ありがとう☆
[PR]
by babygoose | 2009-08-21 15:02 | Little mo

Hair Accessory

a0058532_14364174.jpgまたまた余ったフェルトでmoのヘアクリップとゴムを作ってみました。
こっちの子供用のかわいいヘアゴムやクリップって結構高いので、いつも日本でまとめ買いするのだけど、自分で作れば色やデザインを洋服にあわせたりできるし、何よりすごく安い!

形もデザインも考えないまま、ジョキジョキ切って、適当に縫い合わせただけの試作品だけど、結構かわいくできました。
ゴムはお花の形をもう少し立体的にしたいのだけど・・・。
ピンクや茶色もよく使いそうなので、作ってみまーす。

a0058532_14425453.jpgつけるとこんな感じ。

最近、「にっこにこして~」というと、この顔をしてくれます。
わたしの子供のときとそっくり。
[PR]
by babygoose | 2009-08-20 14:53 | Handmade for mo

icecream

a0058532_1429980.jpgここ何ヶ月か、moのスクラップブック製作に集中していたけど、やっと完成したのでまた何か作りたくなってきました。

この間我が家に来てくれたお友達夫婦が、おままごと用の野菜と果物をとっても褒めてくれたので、余っていたフェルトでmoの大好きなアイスクリームを作ってみました。
ワッフルコーンとアイスにマグネットを入れてくっつく仕組みなのだけど、探しに探してやっと見つけたマグネットを入れてみたら、磁力が弱くてあまりくっつかずちょっとがっかり。

でもまぁ、moはよろこんで遊んでいるのでいいことにしよーっと。
[PR]
by babygoose | 2009-08-18 13:44 | Handmade for mo

China Dress

a0058532_14361369.jpgパパが中国出張のお土産に買ってきてくれたチャイナドレス。
かなりおなかのぽっこりが目立ちます。
それでも「ドレス」大好きの本人は、ご満悦の笑顔でにっこりポーズ。
[PR]
by babygoose | 2009-08-14 14:39 | かわいいもの

Swan と Fro-yo

今月もMommy&Meでバルーン作ってもらいました。

今回はおめめがかわいいピンクのスワン。

a0058532_14155566.jpg


今日はPinkberryでフローズンヨーグルトのサンプルがもらえたよ♪
サンプルといっても大きなカップに結構入っていて、いちごやブルーベリー、パイナップルを好きなだけトッピングできました。
Pomegranate(ざくろ)フレーバーのフローズンヨーグルト、ほとんどmoに食べられちゃった。。。

a0058532_14212721.jpg
[PR]
by babygoose | 2009-08-12 14:12 | Happy Life with mo

2 Years 1 Month

原因不明の高熱からピーナッツアレルギーと、盛りだくさんだった1ヶ月。
1ヶ月の間に3度も病院に行き、ドクターともナースさんともすっかり顔なじみだ。

仲良しのおともだちが日本帰省中、習い事は夏休み、何度も体調を崩したというのもあって、かなり引きこもりぎみの親子。
でも1日うちにいるおかげで、potty trainingに進歩がみられた。
「マミ 手が離せないから」というと、少しの間なら一人で遊ぶことも覚えてきた。お絵かきしたりぬいぐるみ相手にしゃべりしたり絵本を読んであげたり、ごはんを作ってあげたり。今日はmiffyの髪の毛を切るんだと言って、粘土用のはさみをもってバスルームに籠っていた。こうやって少しずつ、自分で遊べるようになってくれるといいなぁ~。

1日中うちにいても穏やかで、癇癪をおこすこともほとんどなくいい子ちゃんだ。
言ってもなかなかしてくれないときにマミが怒ると、すっ飛んできて「まみ おこらないで。 ごめんなしゃい」と言われると、怒ったマミのほうがバツが悪い。。。
相変わらず「おまみちゃん だいすき」なので、「おまみ チューしてあげる」となんどもチューしてもらい、「おまみちゃん かわいいね」といってもらえ、更には「かた まっさーじしてあげよーか?」とマッサージ付き。最近は何かしてあげると、「まみちゃん ありがとね」と言ってもらえるのが、ちょっとうれしい。



気分はすっかりカメラマン。
「まみ にっこにこして~。」「はいポーズして。」「へんなかおして~。」と注文も多い。
a0058532_16231860.jpg


今月のmoちゃん
[PR]
by babygoose | 2009-08-11 15:25 | Little mo

Golden Gate Park

NYに住む友達夫妻が、まだ10ヶ月の愛娘ちゃんを連れてSFにやってきた。

会いたい気持ちは高まるものの、SFの一体どこでゆっくり時間を過ごせるのか・・・?
車で1時間というところに住んでいるものの、わたしも夫もあの街が苦手でほとんど寄り付かないので、名案は浮かばず。。。観光地は混んでいて落ち着かないだろうし、街のどこかでお茶するとしても何時間もいられないし・・・・。
2人とも行ったことがないけれど、Golden gate parkなら子連れでものんびり、ゆっくりできるでしょう。。。と行ってみた。でも、ここって・・・・混んでるんですね。
ハイウェイを降りてからもずっと渋滞。公園に着いてもパーキングは満車で入れず。びっしりと停められた路駐の車。。。。山の中まではいってやっと車を停められた。

高校時代からの付き合いのM。
おたがいママになってあう日がくるとは、想像してなかった~。
優しい素敵な旦那様とほんとうに大人しくてかわいいベビちゃんと、とってもしあわせな家族をもったね。
ひろーいアメリカでわたしたちの2つの家族が芝生でピクニックしてることが、なんだかとってうれしいな~って思った。
話したいことがたくさんありすぎて、あっという間に夕方になった。


moさまはちょっと人見知り。
はじめての2人には、ちょっと恥ずかしくって、ベビちゃんは興味あるものの一緒には遊べない感じ。
でも公園を思う存分駆け回って、楽しそうだったな。

a0058532_1563575.jpg
a0058532_156472.jpg

[PR]
by babygoose | 2009-08-08 14:36 | うれしいこと

Peanuts Allergy

moがピーナッツ アレルギーだということが判明しました。
この数日間、ただただショックでメソメソしていた不甲斐ないマミです。自分の中でまだ整理がつかなかったけど、moの成長記録としてつけておきます。


生後6ヶ月のときに受けたアレルギーテストで、卵・乳・小麦・大豆のアレルギーはずべて陰性だったので、すっかりmoはアレルギーとは無縁なんだと思っていた。離乳食のときには、与えてはいけないと言われているようなものは避けていたけれど(あ、でもいちごとかあげてたか・・・)、1歳すぎてからはほとんど何も気にせず食べさせていた。
まわりには食物アレルギーの子をもつ親戚やお友達も結構たくさんいて、話を聞くたびに「大変だなぁ。早く治るといいなぁ」と思い、ママは子供のためにホントにがんばってるな~と感心してたけど、これが自分の身に起こるとは、正直考えていなかったなぁ。。。。

その日、moは朝食にスコーンを食べたいと言った。
スコーンじゃ、おやつでしょ!と、前日買ったハニーローストの挽きたてのピーナツバターをパンにうすーくのばしてミルクと一緒に与えた。
ピーナッツバターは初めて与えるので、「だいじょうぶかな?」という思いがよぎったけど、こちらではキッズメニューにはかならずあるポピュラーなものだし、もう2歳だしいいんじゃない?とあげてしまった。けど、何となく気になったので、いつもなら何か食べさせている間にスープを用意するのだけど、moが食べる様子を見ていた。
一口食べるとmoは口の中が痛い。と言った。moは食感にうるさいので、きっと粗挽きのピーナッツの細かい粒が嫌なんだろうと思って、「ミルクを飲んだら?」と言ってみた。
ミルクを飲むとmoは「なおった」と言って、また一口食べ、また「おくちがいたい」といって、自分でミルクを飲んだ。
手と口の周りをピーナッツバターでねちょねちょにして、3口目を食べたとき、moが口の周りを掻き始めた。よく見ると口の下が、蚊に刺されたように小さくぷくっと腫れていて、何となく「おかしい?」って気がしてもう食べさせるのを止め、口の周りをふき取って手も洗った。
もう一度よく見ると、口の周りにぷくぷくとじんましんのようなものができていたので、寝ている夫に見せに言って、2人で「これってピーナッツアレルギーだよね?」ということに。

あっという間にmoのほっぺにもじんましんは広がり、「かゆい」と目を掻きだすと今度は目まで腫れあがってきた。病院が開くまで30分以上あったので、とりあえずmoの着替えを済ませ、わたしもすぐに出られるように支度を始めた。そうしている間にも、moのじんましんは首から腕へと広がっていた。
「かゆい」というmoをなだめて、冷たいタオルで冷やしたりしてみたけれど、moは嫌がっていたので全然効かなかったんでしょう。「moちゃん おねつがあるから はかって」とじぶんで体温計をもってきたので、きっとmoも自分の体がただ事じゃないと思ったんだろう。蕁麻疹のでているところは、私が触っても熱かったので、moも熱く感じたのだと思う。
9時になったので病院へ連絡して、すぐにmoを連れて行った。

moも「かゆいの治してもらえるから」というと、嫌がることもなく、車に乗せるときはかゆみにも耐えられるようだった。途中ずっとmoはしゃべっていたのだけど、急にまぶたがくっついてきて(というか、腫れあがってほとんど目が見えないだけだったのかも)静かになるので、「意識が遠のいてるの?」と怖くなり、必死で「moちゃーん!moちゃーん!!」と揺さぶった。moは目を開けてくれたのだけど、今度は「あんよがいたい」「おしりがいたい」「まみ だっこ」と泣き始めた。蕁麻疹がどんどん上から下半身に広がってきたようで、わたしも抱きしめたり、痛いというところをさすったりしてみたけれど、とうとうmoは痛さに大泣きして暴れだした。
「もう一刻も早く病院に着いて欲しい」と、それだけを願うことしかできなかった無力なマミだ。

病院に着くとすぐに症状を見てもらって、注射をしてもらい(あまりにあっけなくてmoはギャッと言っただけだった)、アレルギーのお薬を飲んだ。moはかゆくて泣いていたものの、ドクターの質問にも「かゆいの」と気丈に答え、「おなか見せてね」といわれると、自分でブラウスをめくっておなかを出した。ドクターに「薬が効いて蕁麻疹がひいてくるまで10分くらい待ってて」と言われ待っている間、moは「もう おうちかえるぅ」とシクシク泣いていたけど、車の中に比べるとずっと落ち着いていた。
ドクターには「ピーナッツアレルギーだね。おかあさん、びっくりしたでしょ。」と言われ、そのほかは・・・
・ この先、治る可能性は極めて低い。
・ 皮膚の蕁麻疹はアレルギー反応の目に見えるほんの一部で、体の中ではこれと同じことが起こっている。アレルギー反応がひどいと気道がふさがって、死に至る可能性もある。
・ 他の食物アレルギーとは違って特有のものなので、他のアレルギーを引き起こしそうなたべもの(牛乳とか卵とか)を避ける必要はない。
・ 2日くらいは、アレルギー反応が続く。薬が切れるとかゆみもでるので、薬を4~5時間おきに飲ませること。
・ 今後万一ピーナッツを食べてしまってアレルギー症状が出たときのために、アレルギー反応を抑える携帯用の注射を処方すること。アレルギー症状が出た際は、とりあえずこれを親が注射して薬を飲ませてから病院へ行くこと。
・ moのアレルギーは中度。とにかく「ピーナツさえ食べなければいいんです!」と。

というあいだに、10分経過。
moの蕁麻疹は、顔はちょっと赤みがひいて、腕はボコボコと膨れ上がっていたものがひいてきたようだ。
「もう帰っていいですよ」といわれると、moはドクターに半ベソで「moちゃん なかなかったよ」と言った。
ドクターはちょっと言葉に詰まった後「うん、たくさんは泣かなかったね」と答えた。
「moちゃん 先生になんていうの?」と聞くと、いつもすっくちゃんの絵本で「お友達が帰るときに何ていう?」を参考にしてか、「ばいばーい」と言った。うーん、間違ってないけど、「ありがとう」だよ。と教えると、素直に「ありがとう」と小さい声で言った。

帰り道夫が薬を買いに行っているあいだ、moと車の中で待っていると、今朝の出来事、ピーナッツアレルギーのこと、これからのmoのこと、を考え出したら、はじめて涙がでた。

うちにもどると、moはすっかり元気だった。
でもズボンとオムツを脱がせると、moがもがき苦しんだ痛みがわかった。
見えていた顔や首、腕は、ぼこぼことおおきなふくらみのある蕁麻疹だったけど、下半身は真っ赤なあざのような蕁麻疹が地図のように広がっていた。薬のおかげでかゆみも痛みもないみたいだけど、痛々しくて見るだけで辛かった。
夜になっても蕁麻疹は徐々に、ふくらはぎまで広がった。顔はほっぺがすこし赤いだけで、腕はほとんどきれいになり、首、背中、おへそから上はあせものように赤く細かい斑点がのこる。ほんとに見事に上から綺麗になっていく感じ。おへそから下~膝上までが一番ひどく、真っ赤なあざだらけ。ふくらはぎはポツポツと赤い斑点。
全部の蕁麻疹が消えるのに丸2日かかった。

思うこと
[PR]
by babygoose | 2009-08-07 17:33 | Little mo