<   2005年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

タイ風?

今日は「タイ風チャーハンだ」と彼が作ってくれたもの。
a0058532_14404490.jpg

卵好きな私には目玉焼きのせ。サンクスギビングの残りのチキンの骨でとったスープも一緒に。チャーハンはナンプラーの味付けで、東南アジアの香り。
[PR]
by babygoose | 2005-11-28 14:38 | おいしいもの

リス

朝ベランダにリスがいた。こちらにおしりをを向けて何やらなさっているが、何をしてるか不明。
a0058532_14374812.jpg

ひたすら何かに没頭中。
[PR]
by babygoose | 2005-11-26 13:12 | かわいいもの

ロースト・チキン

Thanksgiving ディナー。
今年はチキンにしました。去年ターキーに挑戦したけど、「これっておいしい??」といまいちだったので・・・。
でーんと大きなチキンの胸肉を買ってきて、彼が料理。
a0058532_1381638.jpg

ロースト・チキンとアボカド・サラダ、とポレンタ。デザートはチョコレートケーキ。これだけ私の担当。しっとり焼けたお肉に大満足のDinner。
[PR]
by babygoose | 2005-11-25 12:55 | おいしいもの

ル・クルーゼのやかん。

びっくりな買い物をした。ル・クルーゼの赤いやかん。3ドル99セント。
a0058532_11303347.jpg

いつものぞくお店にポツーンと置かれていた。前に、白いル・クルーゼのちいさなお鍋をもったおばさんがレジに並んでいたのを見て、お鍋コーナーをチェックしなかったことを激しく後悔した。今日も収穫ないなーと思って、帰ろうとしたけど「いや待て待て。お鍋コーナーを・・・」とのぞいたら、いた!セカンド・ハンドだから中もチェックしなくちゃね。とふたをとってのぞくと、ピカピカ☆ 家に帰って洗ってみると、どうやら未使用品みたい。そこのシールがきれいにはがれてなくて、こげてもいない。ということは、使ってないんだわ!ル・クルーゼの白のやかんをアメリカに来てすぐにアウトレットで安く買って以来、次に買ったグリルパンも白。買うなら白。と思ってたけど、家につれて帰ると赤もかわいい。もっている白のやかんよりも小さいサイズで2人暮らしにはこっちのほうが実用的かも。

もう一つはFire KingのキャセロールとRefrigeratorコンテナ。Gay Fad Studioのデザインの中でもこのピーチ・ブロッサムが一番かわいいと思う。
a0058532_11352747.jpg
蓋に少しカケがあるけど全然気にならない。なんといっても激安だったから・・・。
[PR]
by babygoose | 2005-11-24 11:21 | かわいいもの

ピンクのキャセロール

今日の収穫。
Pyrexのピンクのキャセロール。少し前に同じものを買ったばかりだけど、ピンクは買う!と決めているので購入。すでにもっているものは、未使用品なのでピンクの色がもっと濃い。でもこれも傷もなくぴかぴかの状態。ぽっこりした形もかわいい。
a0058532_110029.jpg

クリームイエローのCinderella Bowl。みたことのないパターンだったけど、やさしい色合いで安かったので購入。これはサイズ違いでスタッキングできるので収納にも便利。
a0058532_1125537.jpg
a0058532_1131573.jpg

[PR]
by babygoose | 2005-11-19 10:45 | かわいいもの

シスコフライト

クルーの友達がSFフライトでやってきた。うちに遊びに来てもらうことにしたので、SFのホテルまでお迎え。前回SF市内で彼の車をこすった苦い経験から、今回は街中を走らないルートにした。結局、一人でお迎えは心配だと言うことで、彼も休みを取って同行。
ずっとハイウェイを走って行くので、ストレスなし。ホテルの場所もすぐに分かって、Rちゃんに会えた。リクエストしたお土産をたくさんもってきてくれて、本当にありがとう。
途中、メキシコ料理のお店でお昼。→地元スーパーでお買い物。→私のおうちへ。ひとしきり家の探索をしてもらって、のんびり。とっても時差の辛いフライトなので夕方にはRちゃんのおねむもピークに。で、ちょっとお昼ねしてもらう。その間に夕飯の準備。今回は前もって準備もしてないので、本当に簡単なものばかり。今度はごちそうつくります・・・。
a0058532_10434797.jpg
前日焼いたチーズケーキ。いつもと違うレシピで作ったけど、簡単なのにこっちのほうがおいしいみたい。

抜歯したばかりでいいのかどうかわからないけど、ワインをあけて飲む。久しぶりのお友達とのおしゃべりしながらの食事。やっぱり楽しいから、あっという間に時間が経ってしまう。彼女は明日は朝早くに出発のハードスケジュールのため、9時ごろにはまたSFのホテルまで送っていった。時差の辛そうな彼女を見ていると、自分も同じように感じていたクルー時代を思い出す。そしてあの辛い感覚は今でもはっきりと身体が覚えている。不思議だね。
きっとゆっくりしていたいだろうに、辛い中わざわざ時間をとって私に会いに来てくれる彼女に感謝したい。また、遊びに来てね。
[PR]
by babygoose | 2005-11-18 10:21 | うれしいこと

抜歯

アメリカで暮らすようになったら歯列矯正しよう。と決意して、早1年。何事にも腰の重い私。矯正歯科に行き、レントゲンをとって、今日ようやく抜歯となった。
歯を抜くなんて子供のとき以来。しかも一気に4本も抜く。1時間くらい待った後、先生がやってきた。「この歯は簡単。これも簡単。これも簡単。これが難しい。たぶんドリルを使いますよ」といわれた。「どんなことされても、痛くないならいいです。」といったら、「麻酔打つからいたみはありませんよ。」と先生。
脈をとったり血圧を測ったりした後、いよいよ麻酔。でも直前までこれから歯をぬくんだーって実感がわかなかった。麻酔を何本も何本も打たれている間もなんとか耐えられた。でも、いざ先生が歯をぐりぐり抜き始めたら恐ろしくて失神しそうになった。あまりに悲壮感漂う顔をしていたからか、先生は何度も「大丈夫?すべてうまくいってるよ」と繰り返し言い続けた。やっと1本ぬけたときは、残りあと3本もあるのかと思うと本当に気絶したかった。結局、難しいといわれた歯もドリルを使わずに済んだみたい。ボー然としているわたしに、かわいい歯科助手の女の子が「ガーゼは1時間おきにかえてね。」とか説明してたけど、ショック状態でこの一つしか覚えていない。「詳しい注意事項はここに書いてあるから。」と小さな冊子とかえのガーゼを渡され、「バイバイ」と外に出された。待合室にすわっていたおばさんは、口からガーゼをはみ出させた私の顔を見て、見てはいけないものを見たような顔をしてた。
麻酔が注射からもれて舌についたから舌の感覚がなく、唇の感覚も全くない。唇は触るとぼよんぼよんしていて、いつもの自分の唇とちがった。ヘンな感じ。運転してると一番最初に抜いた歯が痛くなりだした。麻酔がきれると一体どのくらい痛いものなのか想像つかない。先生は市販の痛み止めを飲んでもいいし、先生が処方箋を書いてくれた強い痛み止めを使ってもいいと言っていた。万が一、いつもの痛み止めが効かないほど痛くなったら・・・・と想像すると恐ろしくなったので、まだ痛みのないうちに薬局で薬をもらっておこうと思った。帰り道にあるドラッグストアに寄った。私の前に3人並んでいたけど、まぁそんなに時間はかからないだろうと思って並ぶ。口にガーゼが詰め込まれていて話せないので、おばちゃんに「これ」と言って処方箋のカミを見せた。私の前に待っていた人たちは、書類がないとかレシートが出ないとか言われてすごく待たされていた。でも、たかが痛み止め。私のはすぐにもらえるだろうと思ったのが甘かった・・・・。結局1時間またされた。痛みはどんどんひどくなるし、口の中のガーゼは真っ赤になるし、おばさんに文句言おうにもしゃべれない。イライラしながら待ってたら、涙がでてきた。不安でとにかく早く家に帰りたかった。
やっとのことで薬をもらって家に帰る。歯を抜いてからかれこれ2時間近くたってしまった。2,3時間で止まると書いてあった血がなかなか止まらない。薬を飲みたくても、何か食べないといけないし、出血してるから何も食べられない。彼が帰ってきて、りんごをすりおろしたものを作ってくれた。5時間経っても出血は止まらなかったけど、りんごを食べた。というか飲んだ。そしてやっと薬も飲めた。ちょうど先生から電話があった。「出血が止まりません。」と言ったら、「自分でコントロールできているくらいの量なら心配要りません。なにかあったらすぐに知らせてください」と言われた。一番困ったのは、口をすすげないこと。出血が止まって24時間以内は口をゆすいではいけません。と書いてある。口をゆすいでしまうと血液が凝固するのを妨げるので、また出血してしまうらしい。薬のおかげで寝る頃には痛みもひいた。顔が腫れることがあるので、氷で冷やしてください。と書いてあるのに気づいたので、「これは大変!」とあわてて冷やす。
というわけで、ここ何年か(何十年か?)でもっとも恐ろしい経験をした1日だった。やっと第一関門突破。先は長いけどがんばるわ。
[PR]
by babygoose | 2005-11-16 09:26 | Orthodontics

赤ワイン煮込み

私は凝った料理が苦手。おおざっぱな性格だから、作る料理も豪快なものばかり。でも彼がお休みの日に作る料理は、私とは逆に何時間もかけて出来上がる。
今日は、牛肉の赤ワイン煮込み。お昼過ぎから、ごそごそ準備が始まり、ことこと煮込んで何回も味見してる。
a0058532_11113857.jpg
ホロホロになったお肉がおいしい。ナイフなしでも食べられるよ。
a0058532_11133174.jpg
デザートは、バナナと胡桃とレーズンのパウンド・ケーキ。アメリカで暮らすようになって、お菓子を手作りする機会が増えた。
[PR]
by babygoose | 2005-11-14 11:04 | おいしいもの

いくつ集めるのか・・・?

このタイプのglassはAnchor Hockingなのか、Candlewickなのかいつもギモンに思っていた。もっているAnchor Hockingの本にそっくりなものが載っているけれど、コレクティブルを扱うお店では、Candlewickと紹介されていたりする。本気で調べた結果、結論はAnchor Hockingでいいみたい。ミルクガラスが好きだけど、この華奢なデザインは透明なガラスでますます愛らしくみえる気がする。
a0058532_1013098.jpg

グラスの足に付いたぽこぽこ(ビーズ)が、すごくかわいい。これは、ソルべ用サイズ。このほかにもジュース用のグラスやお水用サイズのゴブレットも、お客様がみえたときにうちでは活躍。グラス棚をこのシリーズが大量に占拠している。これも安値で見かけたら、買わずにはいられないものの一つ。今回も7つも買ってしまって、同じグラスが計12個になってしまった。でも、見つけてしまったらよっぽど状態の悪いものでないかぎり、全部うちにつれて帰りたくなってしまうんだもーん。しょうがない・・・。
a0058532_1005791.jpg

同じデザインのキャンドル・ホルダー。これもねー、いくつ集めれば気が済むのか・・・・、自分でも分からない。現在8個うちにいます。初めて見たのはアンティークショップで、結構私にしては高い買い物だった。同じデザインで白いミルクガラスのものもあるけど、私は透明派。
a0058532_1055941.jpg

Fire Kingのなかでも、私はこのMilk Whiteのレース・エッジとよばれるシリーズが大好き。ぽってりした色も厚みも好きだけど、なんといっても魅かれるのは「レース」。ちっちゃいころからフリルとかレースとか大好きだった。洋服はもちろん、小物でもフリフリってしてたら「うわぁ~、かわいい!!」と思ってしまう。ケーキの下に敷くレース・ペーパーでさえ、大好き。でも、そこには私なりのこだわりもそーとーあるから、ただレースやフリルがついてればいいってものでもない。このレース・エッジのデザインは、すごいストライク!ヨーロッパのお皿みたいに薄くて繊細なレースでエレガントな絵なんか描いてあったらダメ。このものすごい厚みとシンプルなデザイン(レースの模様も単純!)が、なんともアメリカっぽい雰囲気なの。
[PR]
by babygoose | 2005-11-10 09:35 | かわいいもの

ピンクとこむぎちゃん。

今日我が家にやってきた可愛いこたちです。
a0058532_9133593.jpg
 
PinkのBubble Large Bowl。すでに一つ持っているけど、やっぱりピンクを見つけたら買ってしまう・・・。Bubbleのお皿はぽこぽこした形が好き。このピンクは春になったら、サラダを盛るのに使うとかわいいかも♪
a0058532_9185551.jpg

そして、大好きな小麦ちゃん。FireKingの絵柄の中で1,2を争うくらい好き。麦っていうのがアメリカっぽいし、なんともなつかしいような気持ちになって、ほんわかされてくれる絵柄。このこたちは、柄が剥げやすく、柄がうすれてしまったこもたくさん見かけるけれど、そんなこたちも集めてきちゃう。今回はとっても状態がよくてキレイ。そしてとっても安い。同じお皿が10枚になってしまった。。。
a0058532_9225262.jpg

すごい汚いブースでひとりぽつーんとほこりをかぶっていたAzur-ite。でもこんなお店のおじさんのほうがこっちがぴっくりするような安値で売ってくれたりする。今回も$1。おうちで洗ったらピカピカになった。奥のサラダボウルも今日getしたもの。
[PR]
by babygoose | 2005-11-07 09:12 | かわいいもの